• 本

准教授・高槻彰良の推察 民俗学かく語りき

角川文庫 さ73−10

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-04-107532-6
4-04-107532-7
税込価格 648円
頁数・縦 285P 15cm
シリーズ名 准教授・高槻彰良の推察

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

嘘を聞き分ける耳を持ち、それゆえ孤独になってしまった大学生・深町尚哉。幼い頃に迷い込んだ不思議な祭りについて書いたレポートがきっかけで、怪事件を収集する民俗学の准教授・高槻に気に入られ、助手をする事に。幽霊物件や呪いの藁人形を嬉々として調査する高槻もまた、過去に奇怪な体験をしていた―。「真実を、知りたいとは思わない?」凸凹コンビが怪異や都市伝説の謎を『解釈』する軽快な民俗学ミステリ、開講!

おすすめコメント

民俗学の知識で事件を「解釈」する准教授と、孤独な大学生の軽快ミステリ! 人の嘘がわかる耳を持つ大学生・深町尚哉。ひょんなことから残念なイケメン准教授・高槻の謎調査を手伝うはめに?!「怪異は現象と解釈によって成り立つんだよ、深町くん」凸凹コンビが軽快に謎を解く!

著者紹介

澤村 御影 (サワムラ ミカゲ)  
神奈川県横浜市出身。女性。2016年に第2回角川文庫キャラクター小説大賞“大賞”を受賞した『憧れの作家は人間じゃありませんでした』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)