• 本

有村家のその日まで

出版社名 光文社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-334-91248-2
4-334-91248-6
税込価格 1,870円
頁数・縦 315P 20cm

商品内容

要旨

母が、間もなく死を迎える。がんを患った母が、奔放な彼女らしく最後のときを過ごせるよう奮闘する、ある家族の物語。

おすすめコメント

有村文子は、姉で医者の美香子から母の仁子ががんであることを知らされた。美香子も兄の優からさきほど知らされたばかりだそうだ。久しぶりに家族そろって仁子のもとへ集まると、仁子はいつもと変わらぬ調子。標準治療を「つまらないから」という理由でやめ、すごい乳酸菌がきくとか、友人にお金を貸しているとか、拝み屋にみてもらっているとかの話題ばかり。金銭問題で一度は距離を置いた父の照夫は妻の大病に戸惑っている様子だ。近い将来訪れる仁子の最期の日を、有村家の子供たちとそのまわりの人々は、仁子らしく迎えられるよう奮闘するが――誰しもが迎える”家族の死”をリアルに描いた感動作。

著者紹介

尾〓 英子 (オザキ エイコ)  
1978年大阪府生まれ。早稲田大学教育学部国語国文学科卒。2013年『小さいおじさん』で第15回ボイルドエッグ新人賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)