• 本

磐井の乱の謎

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-309-22753-5
4-309-22753-8
税込価格 1,890円
頁数・縦 196P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

古代史上最大の内乱は、なぜ起きたのか?北部九州の豪族・筑紫君磐井は、なぜヤマト政権に反旗を翻したのか?古代史の大きな分岐点となった、いまだに多くの謎に包まれている内乱はなぜ起きたのか?既存の歴史を根底から覆す気鋭の作家が、その真相に鋭く迫る!

目次

第1章 磐井の乱勃発(磐井の乱(五二七年)の経過
『日本書紀』の描く磐井の乱 ほか)
第2章 九州と天皇とヤマト(九州の地理と歴史を知る
六つの九州 ほか)
第3章 東アジアと日本(なぜ磐井は危険な賭けに出たのか
ヤマト政権の外交は任那を中心に回っていた ほか)
第4章 継体天皇の立場(たった三年で外交方針を転換した継体天皇
ヤマト政権は外交策を統一できなかった? ほか)
第5章 磐井の乱の真実(なぜ乱のあとの処分は軽かったのか
小伽耶と大伽耶の歴史 ほか)

おすすめコメント

6世紀前半、九州北部に覇を誇った筑紫国造磐井は、大和朝廷=継体天皇の任那出兵に異を唱え、反乱を起こす。対半島、対ヤマト、「磐井の乱」の歴史的意味を解き明かす。

著者紹介

関 裕二 (セキ ユウジ)  
1959年、千葉県柏市生まれ、育ちは東京都板橋区。歴史作家。仏教美術に魅了され、奈良に通いつめたことをきっかけに日本古代史を研究。以後、古代をテーマに意欲的な執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)