• 本

江沢洋選集 1

物理の見方・考え方

出版社名 日本評論社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-535-60357-8
4-535-60357-X
税込価格 3,850円
頁数・縦 330P 21cm
シリーズ名 江沢洋選集

商品内容

目次

第1部 次元と対称性(パリティの問題
対称でないものは基本法則でない―ベクトルの変換を例として
なぜローレンツの力は速度に垂直なのか?
物理量ノート
1,2,3.99…,∞次元の物理
光速c―光の速さは定義になった
いまや時間はミクロである)
第2部 古典力学の世界像(ニュートンは何を見たか
高校物理に微積分の思想を
力とは何か―その歴史と原理
自動車を走らせる力は何か
世界像を組み上げてゆくために―物理学のすすめ
海王星大接近の力学
小谷―朝永のマグネトロン研究
最小作用の原理)
第3部 ブラウン運動と統計力学(統計力学へのアインシュタインの寄与
ブラウン運動と統計力学
ブラウン運動とアインシュタイン
ランジュバン方程式のパラドックス)
エッセイ「時間をかけて!」(田崎晴明)

著者紹介

江沢 洋 (エザワ ヒロシ)  
1932年東京に生まれる。旧制中学1年から新制高校(群馬県立太田高校)第2学年まで、群馬県の今でいう邑楽郡大泉町で過ごし、高校3年の春、東京都立両国高校に転校。1951年東京大学理科一類に入学。1955年東京大学理学部物理学科を卒業。1960年東京大学大学院数物系研究科物理学課程を修了。「超高エネルギー核子衝突による中間子多重発生の理論」により理学博士。4月より東京大学理学部助手。1963年9月より1967年2月まで、アメリカのメリーランド大学、イリノイ大学、ウィスコンシン大学、ドイツのハンブルク大学理論物理学研究所などで、研究生活を送る。帰国後、東京大学理学部講師。1967年4月より学習院大学助教授、1970年4月より学習院大学教授を務める。1998年3月学習院大学を定年退職。名誉教授。1995年9月より1年間、日本物理学会会長。1997年7月より2005年9月まで(第17期〜第19期)、日本学術会議会員
上條 隆志 (カミジョウ タカシ)  
1947年群馬県に生まれる。1971年東京教育大学理学部物理科を卒業。1973年同大学大学院理学研究科修士課程を修了。その後、東京都立高校の教諭を務め、2008年3月定年退職。現在はフリーター。1973年より東京物理サークルにて活動を続けている。また全国高校生活指導研究協議会(高生研)の代表を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)