• 本

沢村さん家(ち)のそろそろごはんですヨ

出版社名 文藝春秋
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-16-390939-4
4-16-390939-7
税込価格 1,155円
頁数・縦 141P 21cm

商品内容

要旨

スーパー2の惣菜売り場が好きな父、料理上手な母、家族の外食を仕切る立場となった四〇歳未婚の娘。あるあると共感できる沢村家の毎日。

出版社・メーカーコメント

図書館帰りにスーパーのお惣菜売り場を覗いたり、コマーシャルで見た新製品調味料をお母さんにリクエストするなど、定年後も食への興味はつきないけれど、回転寿司に行ったあと「若い頃はもっと食べられた」と毎回つぶやくようになってしまった70歳のお父さん。 丸ごとトマトのかぶりつきをお昼ごはんにしてみたり、サヤに3つ入ったそらまめを見て自分たち家族を思い出して絵手紙を綴ったり、お父さんには内緒で友達と高級ランチに行ったりと、社交的で日々の生活を楽しんでいる69歳のお母さん。 会社帰りにばったり会ったお父さんに焼き芋を買ってもらうなど平和な実家ぐらしを送ってはいるけれど、いつのまにか家族の外食を仕切る立場となったことをちょっぴりさみしく思ったりもする、未婚で彼氏なしの40歳ベテランOLのヒトミさん。 そんな平均年令60歳の沢村さん一家を描いた「週刊文春」で連載中の人気ホーム・コミック単行本第四弾。 高齢になった親、長年連れ添った夫婦、40代の娘、それぞれの視線で描かれた日常は、「あるある」と共感し、笑いながら思わずホロリとくるシーンが満載。 描き下ろし6ページ漫画「沢村さん家のスキヤキ」も収録。