• 本

冥顕の哲学 1

死者と菩薩の倫理学

出版社名 ぷねうま舎
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-906791-97-2
4-906791-97-2
税込価格 2,808円
頁数・縦 276P 20cm

商品内容

要旨

東方から発信する、死と死者の領域を視野に収める新しい哲学のヴィジョン。日本の伝統思想を踏まえ、ポスト近代の思想状況を突破する、死者の哲学と菩薩の倫理学。

目次

見えるもの、見えざるもの―顕と冥の世界観
1 死者と冥顕の哲学(哲学としての懴悔道―田辺哲学再考1
懴悔道と親鸞―田辺哲学再考2
他者・死者と場所―西田・田辺の哲学と現代
死者と時間―時間はどこに生まれるか)
2 菩薩の倫理学へ(仏教と哲学
宗教間対話を可能にする理論を求めて
哲学・神学から仏教へ
伝統思想から菩薩の倫理学へ
菩薩の倫理学)
苦闘する哲学―私性からの出発

著者紹介

末木 文美士 (スエキ フミヒコ)  
1949年生まれ。78年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。専攻、仏教学、日本思想史、比較思想。現在東京大学名誉教授、国際日本文化研究センター名誉教授、放送大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)