• 本

CASE革命 2030年の自動車産業

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-532-32251-9
4-532-32251-0
税込価格 1,870円
頁数・縦 313P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

C:接続、A:自動運転、S:シェアリング&サービス、E:電動化―GAFA、中国が狙う真のターゲット。クルマの価値を根本から変える戦いが始まった。各社、各国の戦略を人気アナリストが徹底解明する。

目次

序章 自動車産業を襲う「CASE革命」
第1章 「CASE革命」とは
第2章 破壊者
第3章 クルマの価値とモビリティ構造の変化
第4章 コネクティッド
第5章 自動運転
第6章 シェアリング&サービス
第7章 電動化
第8章 「CASE革命」を支える「ものづくり革新」
第9章 2030年のモビリティ産業の覇者

著者紹介

中西 孝樹 (ナカニシ タカキ)  
株式会社ナニカシ自動車産業リサーチ代表兼アナリスト。1994年以来、一貫して自動車産業調査に従事し、米国Institutional Investor(2)誌自動車セクターランキング、日経ヴェリタス人気アナリストランキング自動車・自動車部品部門ともに2004年から2009年まで6年連続第1位と不動の地位を保った。バイサイド移籍を挟んで、2011年にセルサイド復帰後、2、日経ランキングとともに自動車部門で2012年第2位、2013年第1位。2013年に独立し、ナカニシ自動車産業リサーチを設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)