• 本

日本の伝説 京都・大阪・奈良

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-309-70072-4
4-309-70072-1
税込価格 2,268円
頁数・縦 331P 20cm

商品内容

要旨

日本全都道府県を完全網羅、わかりやすく紹介・解説。第2回『京都・大阪・奈良』は、「羅生門」「大文字」「浦島伝説」「葛の葉物語」「役行者」など全50話。

目次

京都(花の都
さぎちょう由来
五位鷺 ほか)
大阪(天王寺彼岸紀元
二魂坊の火(舞首)争い
処女塚伝説 ほか)
奈良(春日権現霊験
大仏開眼
良弁杉 ほか)

おすすめコメント

シリーズ〈日本の伝説〉第2弾。日本の伝説のふるさとの三府県から。「羅生門」「鞍馬天狗」「浦島伝説」「葛の葉物語」「三輪山神婚伝説」「役行者」など全50話。

著者紹介

藤沢 衛彦 (フジサワ モリヒコ)  
1885年、福島県生まれ。民俗学者、作家。明治大学卒業。藤沢紫浪名で小説を執筆した後、1914年日本伝説学会を設立。雑誌『伝説』(1926‐27)を刊行、明治大学教授として、伝説学、風俗史学を講義した。日本児童文学者協会会長、日本風俗史学会理事長などを歴任。1967年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)