• 本

最後の弾左衛門 十三代の維新

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-309-22754-2
4-309-22754-6
税込価格 1,815円
頁数・縦 166P 20cm

商品内容

要旨

最後の浅草弾左衛門はどう生きたか!?徳川幕府が築いた弾左衛門制度の最後を務めた男は、幕末から明治維新を迎える激動の嵐のなか、「賎称廃止」を目ざして奔走する。かれは何を得、また何を喪ったのか。著者がライフワークとした弾左衛門、最後の書き下ろし。

目次

第1章 十三代になぜ抜擢か(白紙の原稿用紙
生誕地が判明
江戸時代の部落
関東の譜代と外様
関西各地の反応)
第2章 江戸の金融資本(小太郎の十三代弾左衛門襲名まで
問屋禁止令は武士対町人
鼻緒一揆は農民対部落民
本命は皮革業
小太郎の覚醒)
第3章 維新の渦に巻かれて(幕府軍の一員
順天堂の医師
小太郎の解放令
周司、最後の夢
徳川と決別する)
第4章 弾直樹の頂点(洋靴起業と茶利革
弾家存続か賤称廃止か
弾直樹の頂点
反対一揆の敵
弾直樹の晩年)
補章 直樹の望みは生かされたか

おすすめコメント

徳川幕府は賤民を支配する「弾左衛門」制度を築いたが、13代目に関西の青年を任命した。幕末の動乱期、賤称廃止に奔走し、職業的特権を失い最後の弾左衛門となった弾直樹の生涯とは。

著者紹介

塩見 鮮一郎 (シオミ センイチロウ)  
1938年、岡山市生まれ。河出書房新社編集部を経て、作家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)