• 本

獅子吼

文春文庫 あ39−19

出版社名 文藝春秋
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-16-791185-0
4-16-791185-X
税込価格 748円
頁数・縦 293P 16cm

商品内容

要旨

「けっして瞋るな。瞋れば命を失う」父の訓えを守り、檻の中で運命を受け入れて暮らす彼が、太平洋戦争下の過酷に苦しむ人間たちを前に掟を破る時―それぞれの哀切と尊厳が胸に迫る表題作ほか、昭和四十年の日帰りスキー旅行を描く「帰り道」、学徒将校が満洲で奇妙な軍人に出会う「流離人」など華と涙の王道六編。

出版社・メーカーコメント

太平洋戦争末期、「彼」は人間の愚かしさと優しさを見つめている――涙と生きる智恵が満ちた六つの物語。解説・吉川晃司。

著者紹介

浅田 次郎 (アサダ ジロウ)  
1951(昭和26)年、東京生まれ。著書に「地下鉄(メトロ)に乗って」(第16回吉川英治文学新人賞)、「鉄道員(ぽっぽや)」(第117回直木賞)、「壬生義士伝」(第13回柴田錬三郎賞)、「お腹召しませ」(第1回中央公論文芸賞、第10回司馬遼太郎賞)、「中原の虹」(第42回吉川英治文学賞)、「帰郷」(第43回大佛次郎賞)などがある。2015年、紫綬褒章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)