• 本

「御宿かわせみ」ミステリ傑作選

文春文庫 ひ1−256

出版社名 文藝春秋
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-16-791194-2
4-16-791194-9
税込価格 745円
頁数・縦 348P 16cm

商品内容

要旨

「御宿かわせみ」の一番の魅力は、江戸の四季と共に描かれる、人々の情でしょうか。異議あり?「かわせみ」シリーズには、驚くほど秀逸なミステリ作品が多い、と書評家・大矢博士が悩みに悩んで、七作品を厳選した。殺人事件から日常の謎まで、トリックも駆使して実に多彩。巻末の創作の種明かし著者インタビューも必読です。

出版社・メーカーコメント

かわせみシリーズの傑作「矢大臣殺し」はクリスティへのオマージュか? 書評家・大矢博子がミステリを切り口にかわせみ作品を厳選。

著者紹介

平岩 弓枝 (ヒライワ ユミエ)  
昭和7(1932)年、代々木八幡宮の一人娘として生まれる。30年日本女子大国文科卒業後、小説家を志し、長谷川伸主宰の新鷹会へ入会。34年7月「鏨師」で第41回直木賞を受賞。平成3年『花影の花』で第25回吉川英治文学賞受賞。10年、第46回菊池寛賞を受賞。16年、文化功労者。19年『西遊記』で毎日芸術賞受賞。28年、文化勲章受章。著書多数
大矢 博子 (オオヤ ヒロコ)  
昭和39(1964)年、大分県生まれ。書評家。趣味で始めた書評サイトをきっかけに書評家となり、新聞・雑誌への寄稿のほか、文庫解説多数。ブックナビゲーターとしてラジオ出演や読書会を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)