• 本

ライプニッツ著作集 第1期4 新装版

認識論 人間知性新論 上

出版社名 工作舎
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-87502-498-9
4-87502-498-3
税込価格 9,180円
頁数・縦 344P 22cm
シリーズ名 ライプニッツ著作集

商品内容

要旨

A・N・ホワイトヘッドが「天才の世紀」と呼んだ一七世紀に生をうけ、デカルトやニュートンをはじめとする同時代の偉才の思想に向き合い、さらなる可能性を求めつづけたライプニッツ(1646‐1716)。経験論の主柱J・ロックの『人間知性論』を精読し、生得観念、無意識、微小表象などをもってつぶさに反論を開始する。

目次

第1部 生得的概念について(人間の精神の内に生得的な原理があるかどうか
生得的である実践の原理はないということ
思弁に関わる生得的原理と実践に属する生得的原理、この両者についてのさらなる考察)
第2部 観念について(観念一般について論じ、人間の魂は常に思考しているかどうかを折にふれて検討する
単純観念について
ただひとつの感官から私たちにもたらされる観念について
固体性について
さまざまな感覚からもたらされる単純観念について ほか)

著者紹介

谷川 多佳子 (タニガワ タカコ)  
1948年、東京に生まれる。パリ第一大学大学院修了。現在、筑波大学名誉教授
福島 清紀 (フクシマ キヨノリ)  
1949年、島根県に生まれる。1980年法政大学人文科学研究科博士課程満期退学。元富山国際大学教授
岡部 英男 (オカベ ヒデオ)  
1955年、長野県に生まれる。1988年早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。現在、東京音楽大学専任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)