• 本

太陽ときみの声 〔2〕

明日の、もっと未来へ

出版社名 朝日学生新聞社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-909064-56-1
4-909064-56-7
税込価格 1,320円
頁数・縦 221P 19cm
シリーズ名 太陽ときみの声

商品内容

要旨

「おまえ、ブラサカなめてんだろ」視力が落ちて約1年。高校卒業を半年後に控え、一輝は自らの進路について悩んでいた。ブラインドサッカーは楽しいけれど、将来の仕事には直結しない。視力が落ちてから学び始めたプログラミングも、能力不足を感じている。自分が目指すべきものは何か―もやもやしたまま臨んだ受験前最後の試合で、一輝は自分と同じ病気を抱える、同い年のブラサカ選手に出会う。

著者紹介

川端 裕人 (カワバタ ヒロト)  
1964年生まれ。東京大学教養学科卒業後、日本テレビに8年間勤務。退社後はコロンビア大学ジャーナリズムスクールに籍を置きながら、文筆活動を本格化。フィクション・ノンフィクションの両分野で活躍する。ノンフィクションに科学ジャーナリスト賞、講談社科学出版賞を受賞した『我々はなぜ我々だけなのか』(講談社ブルーバックス)、『動物園にできること』(文春文庫)など多数の著書がある
とろっち (トロッチ)  
イラストレーター。多くの書籍の装画や、雑誌、書籍の挿絵を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)