• 本

入門刑法学・総論

第2版

法学教室LIBRARY

出版社名 有斐閣
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-641-13938-1
4-641-13938-5
税込価格 2,310円
頁数・縦 278P 22cm
シリーズ名 入門刑法学・総論

商品内容

要旨

刑法「変革の時代」だからこそ、刑法学の基礎―基本思想・諸原則・理論構造―をしっかりと理解。刑法総論のコアを濃密に凝縮し、判例・学説の考え方を明快かつ丁寧に解説。姉妹書の『入門刑法学・各論“第2版”』とのクロスリファーに対応。重要な法改正等の最新情報を加えた第2版。

目次

第1講 刑法を学ぶということ
第2講 刑法は何のためにあるのか
第3講 刑法の基本原則
第4講 刑罰法規の解釈と適用
第5講 犯罪論の基本的考え方
第6講 構成要件をめぐって
第7講 未遂犯と既遂犯
第8講 故意と錯誤
第9講 違法性とその阻却
第10講 責任とその阻却
第11講 正犯と共犯
第12講 犯罪論から刑罰論へ

著者紹介

井田 良 (イダ マコト)  
現在、中央大学大学院法務研究科教授、慶應義塾大学名誉教授、法学博士(ケルン大学)、名誉法学博士(ザールラント大学、エアランゲン大学)。この間、司法試験考査委員、日本学術会議会員、宗教法人審議会会長、司法研修所参与、法制審議会委員などを務める。2006年にシーボルト賞(フンボルト財団)、2009年にザイボルト賞(ドイツ研究振興協会)、2015年にドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章を授与される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)