• 本

日本の論点 Global Perspective and Strategic Thinking 2019〜20

出版社名 プレジデント社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-8334-2302-1
4-8334-2302-2
税込価格 1,728円
頁数・縦 262P 19cm
シリーズ名 日本の論点

商品内容

要旨

トランプvs習近平、ファングvs中国ハイテク戦争の行方。伝説のコンサルタントが予測!世界の国や地域で自分の金(税金)で繁栄しているところはない。日本にも1800兆円の個人金融資産があるように、世界には金が有り余っていて使い道や有効な投資先を探している。これを呼び込むことが繁栄の方程式であり、世界の常識だ。

目次

巻頭言 「平成の次」の時代に「維新」を唱える改革の旗手は現れるか
sideA 日本人の本音と建前(世界で一目置かれるビジネスマンの教養
世界最低レベルの休暇意識―日本人の“忖度”という病 ほか)
sideB ディールの表裏(中国の最新事情「STEM人材」都市とはなんだ!?
米国人がトランプ大統領の“異常さ”に慣れた理由 ほか)
特別鼎談 加山雄三vs.廣瀬光雄vs.大前研一 何歳になっても「夢」や「ビジョン」を描き「向上心」を持ってチャレンジし続ける

おすすめコメント

毎年恒例「日本の論点」。初版40,000部スタート。 予期できないリスクを味方に付けろ!

著者紹介

大前 研一 (オオマエ ケンイチ)  
早稲田大学卒業後、東京工業大学大学院で修士号を、マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号を取得。日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、現在(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役会長、ビジネス・ブレークスルー大学学長。「ボーダレス経済学と地域国家論」提唱者。マッキンゼー時代にはウォール・ストリート・ジャーナル紙のコントリビューティング・エディターとして、また、ハーバード・ビジネス・レビュー誌では経済のボーダレス化に伴う企業の国際化の問題、都市の発展を中心として拡がっていく新しい地域国家の概念などについて継続的に論文を発表していた。この功績により1987年にイタリア大統領よりピオマンズ賞を、95年にはアメリカのノートルダム大学で名誉法学博士号を授与された。英国エコノミスト誌の93年グールー特集では世界のグールー17人の一人に、また94年の特集では5人の中の一人として選ばれている。2005年の「Thinkers50」でも、アジア人として唯一、トップに名を連ねている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)