• 本

図解眠れなくなるほど面白い数と数式の話

出版社名 日本文芸社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-537-21638-7
4-537-21638-7
税込価格 825円
頁数・縦 127P 21cm

商品内容

要旨

数学には2つの顔があります。生活に役立つ「実用面」と神秘的な「美しさ」。全世界共通の言語である数と数式だから数学的思考&数学センスが磨けます!

目次

プロローグ 数と式とはいったい何(数の誕生といろいろな単位の話
数や数式で使う記号には意味があります ほか)
第1章 数式っていったい何(数学で使う式とは何か
数学で使う記号とは何か ほか)
第2章 数学で使う記号(四則計算で使う記号(+−×÷=)
不等号を表す記号(><) ほか)
第3章 学生時代に習った数式(方程式は文字を使った便利な式
関数で変化を読みとる ほか)
第4章 日常生活と数式(「徒歩○分」とよく使われるその基本となる値
来年の○月△日の曜日を計算する式 ほか)

著者紹介

小宮山 博仁 (コミヤマ ヒロヒト)  
1949年生まれ。教育評論家。日本教育社会学会会員。46年程前に塾を設立。1997年から東京書籍グループで、「学ぶことが楽しくなる」高校受験主体の塾を運営。2005年より学研グループの学研メソッドで中学受験塾を運営。学習参考書を多数執筆。最近は活用型学力やPISAなど学力に関した教員向け、保護者向けの著書、論文を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)