• 本

並べて学べば面白すぎる世界史と日本史

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-04-602486-2
4-04-602486-0
税込価格 1,512円
頁数・縦 262P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

聖徳太子とムハンマド、源頼朝とインノケンティウス三世、織田信長とエリザベス一世。あの人物とこの人物が同時代だったとは!こんな歴史観があったとは!二つの歴史の押さえておきたいポイントを一気に学びながら、日本の独自性と強みまでもを実感できる、誰も教えてくれなかった日本人の「新しい教養」。

目次

七世紀 聖徳太子とムハンマド―世界の宗教が教える「聖徳太子不在説」の愚かさ
八世紀 平城京と聖像禁止令―道鏡の専権はビザンチン帝国の日常茶飯事
九世紀 桓武天皇とカール大帝―「欧州統一」は「蝦夷平定」に毛が生えた程度?
十世紀 平将門とオットー一世―神聖ローマ帝国の祖と「新皇」を比較する
十一世紀 院政と十字軍―日本は「末法の世」、ヨーロッパは殺戮の世紀
十二世紀 源頼朝とインノケンティウス三世―かたや政治の天才、かたやインテリジェンスの天才
十三世紀 北条時頼とポーランド騎士団―日本と西欧を同時に襲ったモンゴルの脅威
十四世紀 室町幕府とオスマン帝国―当時の日本の人口はオスマン帝国とほぼ同じ!
十五世紀 応仁の乱と百年戦争―宗教戦争になっていないだけマシな日本の戦乱
十六世紀 織田信長とエリザベス一世―戦いに生き、志半ばで倒れた二人の英雄
十七世紀 三十年戦争と鎖国―三十年戦争でプロテスタント側についた日本
十八世紀 七年戦争と天下泰平の日本―そして日本はノンキな国でいられなくなった

おすすめコメント

日本史と世界史を並べてみれば、歴史は驚くほどに面白くなる! 日本史と世界史を並べてみれば、歴史は驚くほどに面白くなる! 「聖徳太子とムハンマド」「織田信長とエリザベス女王」……そのとき日本と世界の文化や経済はどうなっていたか? 気鋭の歴史家が語る「同時代史」。

著者紹介

倉山 満 (クラヤマ ミツル)  
憲政史家。1973年、香川県生まれ。中央大学大学院文学研究科日本史学専攻博士課程単位取得満期退学。在学中より国士舘大学に勤務、日本国憲法などを講じる。シンクタンク所長などをへて、現在に至る。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)