• 本

嘉納治五郎 オリンピックを日本に呼んだ国際人

潮文庫 さ−4

出版社名 潮出版社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-267-02161-9
4-267-02161-9
税込価格 650円
頁数・縦 189P 16cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

柔道の父・嘉納治五郎は、講道館を創設したのみならず、嘉納塾、宏文学院などの学校を開き、人格形成の教育に取り組んだ。「マラソンの父」金栗四三も嘉納に育てられた一人である。その進取の気性は早くからオリンピックの意義に共鳴し、初めて日本での開催を招致するために奔走する。嘉納治五郎研究の第一人者が綴る本格的書下ろし評伝!

目次

序章 「逆らわずして勝つ」
第1章 日本のオリンピックへの関わり
第2章 講道館柔道の創設
第3章 留学生受け入れとスポーツ
第4章 国民体育(生涯スポーツ)の振興
第5章 IOC委員就任とオリンピックへの参加
第6章 関東大震災とスポーツによる復興
第7章 オリンピックの東京招致
第8章 金栗四三―長距離走の普及
終章 共生社会を目指した嘉納治五郎

著者紹介

真田 久 (サナダ ヒサシ)  
1955年東京都生まれ。筑波大学体育専門学群卒業。同大学院体育研究科修了。筑波大学体育科学系講師などを経て、2008年に筑波大学体育系教授。2012年より18年まで体育専門学群長を務める。古代から近現代のオリンピックに関する歴史研究や嘉納治五郎の思想と行動に関する研究に従事しつつ、国内外のオリンピック教育に関する実践的研究を進める。IOC公認筑波大学オリンピック教育プラットフォーム事務局長、日本オリンピックアカデミー(JOA)理事、オリンピック・パラリンピック教育に関する有識者会議(スポーツ庁)座長、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会参与、同組織委員会文化・教育委員会委員。つくば国際スポーツアカデミー(TIAS)アカデミー長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)