• 本

迷宮の門 警視庁特命捜査対策室九係

光文社文庫 わ13−1

出版社名 光文社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-334-77757-9
4-334-77757-0
税込価格 770円
頁数・縦 382P 16cm

商品内容

要旨

交番勤務中の岩城は、新設された特命捜査対策室九係への配置転換を命じられた。九係は、「現行の捜査に対して、疑問=Qを持った事件」について、別の切り口で捜査する。故に、一歩間違えば、即廃止という崖っぷちの部署である。現場に残された折り鶴に着目し、自殺と判断された事件を再捜査すると…。十二年前に起きた母娘心中事件の真相が浮かび上がる!

おすすめコメント

新設された捜査一課特命捜査対策室九係は、捜査本部とは別の切り口で捜査を進め、ミスがあれば即廃止という部署だった。事故と判断された心中を殺人と見立てた九係が、解き明かす真相とは? 光文社文庫初登場の著者が、ベテラン警官三人の活躍を描く警察小説の新境地!

著者紹介

渡辺 裕之 (ワタナベ ヒロユキ)  
1957年名古屋市生まれ。中央大学経済学部卒業。アパレルメーカー、広告制作会社を経て、2007年『傭兵代理店』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)