• 本

「小さないのち」を守る 事故、虐待、いじめ……証言から学ぶ予防と対策

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-02-251580-3
4-02-251580-5
税込価格 1,404円
頁数・縦 287P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

予期せぬ事故で、虐待で、自殺で、失われてきた子どもたちの命。一人一人の親にとっては我が子の「まさか」の事故。でも社会全体で見れば、同じことが同じように繰り返されてきた。遺族の証言から予防策を考える。

目次

1 家の中にある危険(赤ちゃんに多い睡眠中の事故―「うつぶせ寝」による窒息死
よちよち歩きができるようになったら浴槽への転落など「水の事故」に注意 ほか)
2 道に潜む事故リスク(大人の想像より広い「歩き始め」の幼児の行動範囲
泣き叫ばれるよりはと、外してしまった「チャイルドシート」 ほか)
3 虐待の芽を摘む(「育児ストレス」が消えない―この子がいなければと、思い詰め
「揺さぶられ症候群」―イライラした父親が床にたたきつけ ほか)
4 思春期のSOS(悩みの多い思春期「心が疲れて」
クラスで、部活で、なくならない「いじめ」 ほか)
5 社会で育てる(「みいちゃん、家族になろうよ」―障害のある子どもを家庭に迎える
増える「民間縁組」―インターネット赤ちゃんポストも ほか)

おすすめコメント

朝日新聞で1年半にわたり連載され反響の大きかった「小さないのち」を単行本化。我が子の命を事故予防につなげたいという家族の証言をもとに、誤嚥や転落、交通事故など実例をあげてどうすれば防げるかを考える。予防・対応策の図解も。