• 本

なぜ「それ」が買われるのか? 情報爆発時代に「選ばれる」商品の法則

朝日新書 698

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-02-273785-4
4-02-273785-9
税込価格 869円
頁数・縦 225P 18cm

商品内容

要旨

選択肢は、ありすぎると困る。「豊富な商品情報」も価値ではない。安心して気軽に選べる「仕組み」づくりが勝負を制する!賢く情報収集しなければいけないというプレッシャー。もっと安い商品、得なショップがあったと知る後悔。しまいには、比較選択に疲れ果て、何が本当に欲しいものなのかわからなくなる―買物に疲れた現代人にモノを売るための方法を大公開!

目次

序章 かつて買物に「幸せ」はあった(「買物の歴史」を振り返る
欲求流去―「モノを選ぶ幸せ」の転換期)
第1部 “分析編”なぜ買物は幸せではなくなったのか(買物が幸せではなくなった、3つの理由
選べない買物の悲劇
勃興する買物新スタイル「枠内の攻略」)
第2部 “解決編”選べない時代の新しい売り方(枠づくり戦略とは何か?
選ばれる「枠」のつくり方)

おすすめコメント

多すぎる商品、複雑化する買い方──選択肢が多すぎて 買い物疲れ を起こしている現代人にどうやってモノを売る? 勝負のカギは、値段よりスペックより、 選ぶストレス 軽減! 情報がありすぎる現代人に刺さるメッセージと仕組みづくりを大公開!

著者紹介

山本 泰士 (ヤマモト ヤスシ)  
2003年博報堂入社。マーケティングプランナーとして各種企画を担当。2007年より、こどもごころ製作所プロジェクトに参加し、クラヤミ食堂など体験型コンテンツを企画、運営。2011年より生活総合研究所にて、生活者の未来洞察コンテンツの研究、発表に従事。2015年より博報堂買物研究所で「欲求流去の時代」「ミレニアル家族の新・買物行動」などの買物意識・行動の未来予測を行う。暗闇で良音に包まれる「クラヤミレコード」などの企画・運営にも携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)