• 本

鷹と生きる 鷹使い・松原英俊の半生

出版社名 山と溪谷社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-635-31032-1
4-635-31032-9
税込価格 1,728円
頁数・縦 254P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

序章 鷹使いが生まれた日
第1章 現代に生きる鷹使い―狩りと生活
第2章 旅立ち―修業生活へ
第3章 運命の出会い―家庭をもつということ
第4章 生きものとともに―飽くなき好寄心と愛情
第5章 デルス・ウザーラのように
おわりに―生きものとしての逞しさに魅せられて

出版社・メーカーコメント

松原英俊、68歳。妻子あり。ただひとつ人と違うのは、彼が「鷹使い」であるということ。 慶応義塾大学を出た青年は、電気もガスも水道もない山小屋でのクマタカとの生活を選んだ。 「お金がなくても幸せなんです」、そう語る彼が追い続ける夢とは何か。 自然好きの少年が鷹狩に目覚めるまで、 師匠への弟子入りから厳しい山ごもり修行生活、 奇跡の伴侶との出会い、 そして現在。 自然の中で繰り広げられる鷹をめぐる衝撃的なエピソード。 雪深い東北の地で約50年、鷹狩をしながら暮らすアウトローの世にも不思議な半生記。

著者紹介

谷山 宏典 (タニヤマ ヒロノリ)  
1979年愛知県豊橋市生まれ。明治大学文学部史学地理学科卒業。大学在学中に体育会山岳部に所属し、卒業後の2001年には明大隊の一員としてガッシャーブルム1峰(8068m)と同2峰(8035m)に登頂。その後、編集プロダクション勤務を経て、09年フリーのライターに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)