• 本

中国人の善と悪はなぜ逆さまか 宗族と一族イズム

出版社名 産経新聞出版
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-8191-1350-2
4-8191-1350-X
税込価格 1,404円
頁数・縦 214P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

戦争も腐敗も善となる恐ろしい論理を明らかにする。中国史を支配する組織の正体。

目次

第1章 一族のためであれば腐敗は善になる(中国の腐敗はスケールが違う
共産党高官の妻は「収賄代理人」 ほか)
第2章 宗族という巨大組織の実態(宗族という組織
人口1万人を超える黄氏一族 ほか)
第3章 「械闘」に見る一族イズムの恐ろしい本性(械闘という宗族間の殺し合い
黄氏一族VS.楊氏一族の械闘 ほか)
第4章 「共産党VS.宗族」の勝者(近代国家に温存された宗族制度
宗族を目の敵にした共産革命 ほか)
第5章 中国史を動かす一族イズム(「麻薬生産集団」と化した宗族の悪勢力
再び始まった共産党の宗族掃討作戦 ほか)

おすすめコメント

評論家の石平さん渾身の書き下ろし!腐敗も戦争も善となる恐ろしい論理を明らかにする。易姓革命も、対外拡張も、腐敗、共産党政権の命運も、組織の論理が動かしていた。「一族イズム」を知らずして中国人は理解できない。 中国人を知る決定版!

著者紹介

石 平 (セキ ヘイ)  
評論家。1962年、中国四川省成都市生まれ。80年、北京大学哲学部に入学後、中国民主化運動に傾倒。84年、同大学を卒業後、四川大学講師を経て、88年に来日。95年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程を修了し、民間研究機関に勤務。2002年より執筆活動に入り、07年に日本国籍を取得。14年『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP新書)で第23回山本七平賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)