• 本

働く台所 古くても小さくても、暮らしを楽しむ

出版社名 エクスナレッジ
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-7678-2545-8
4-7678-2545-8
税込価格 1,728円
頁数・縦 159P 26cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

使って、作って、育てる―知恵を絞って、使い勝手よく。働きものの台所には、美しさとおいしい記憶が詰まっている。

目次

自ら育て作り、食べる。四季を感じる職住一体の台所(松本未來・裕美さん)
二人三脚のDIYでよく使うものがぐるりと見渡せて小回りがきく(塩山奈央さん)
時間と手間をかけ頭をひねって心地よく使いやすく(木全俊吾・ゆきこさん)
元の姿に近づけながら自らの手で育て続ける(ナンシー八須さん)
訪れた国々で出会ったものと思い出が息づくところ(貝戸哲弥・由希さん)
誰かが住んでいた家を少しずつ直しながら住まう(北川桂さん)
知恵を絞って、こつこつと。豊かさに満ちた3畳の空間(相馬紳二郎・紀恵さん)
決めごとは作らない。今の気分を大事に、自由に(按田優子さん)
古い長机をきっかけに料理がみるみる楽しくなった(経塚加奈子さん)
夫が改装した機能的な台所から新たな目標が生まれた(佐藤薫さん)
人が出会い、料理を通して交流ができる場所(黒木康太さん)
自然の恵みに感謝を忘れず無駄なく使い、生かす(natttsuさん)
好きな道具には、台所仕事も暮らしも、楽しくする力がある(安部智穂さん)

おすすめコメント

料理、調味料、うつわ、収納、道具、掃除…… 暮らしを楽しむ13人の台所をのぞき見!くるくる動きやすい台所。おしゃべりが弾む台所。古くても、狭くても、工夫次第で使いやすく。 手のかかったものはないけれど、新鮮な素材を使い慣れた道具で、すばやく、おいしく調理する。お気に入りの台所があれば、暮らしがもっと楽しくなる。13組の家族を支える、働きものの台所のおはなし。