• 本

だし生活、はじめました。

祥伝社黄金文庫 Gう9−1

出版社名 祥伝社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-396-31747-8
4-396-31747-6
税込価格 737円
頁数・縦 225P 16cm

商品内容

要旨

かつお節はコーヒードリッパーで。昆布は水につけるだけ。簡単なのにいいことだらけ!減塩!おいしい!太らない!

目次

1 だし生活をはじめた理由
2 だし生活で暮らし、変わりました
3 だしを学ぶ
4 大人の自由研究
5 世界一簡単なおだしのとり方
6 だしの謎を徹底調査

出版社・メーカーコメント

かつお節はコーヒードリッパーで昆布は水につけるだけ簡単なのにいいことだらけ!減塩!おいしい!太らない!だしの世界は、奥深い。◎世界一簡単なおだしのとり方◎素人に昆布の違いがわかるのか?◎昆布やかつお節のだしがらはどうするべきか?◎煮干しの頭とはらわたは本当にとらないとダメなのか?◎究極の昆布だしのとり方とは?◎だしはなぜ減塩効果があるのか?◎「終電ごはん」がさらに簡単になった!◎おだしベースのイタリアン世界一簡単に人生を変える方法!早いものでだし生活を始めて5年以上経った。今では水につけるだけの昆布だしを冷蔵庫に常備するようになり、かつおだしはコーヒードリッパーでとる。顆粒とパックのだししか使っていなかった頃を思い返すと信じられないような変化だなぁと、自分でもつくづく思う。だし生活によって、暮らしが大きく変わった。それもいい方向に。塩分摂取量が減った。舌が敏感になった。太りにくくなった。精神的にとってもいい。などなど……。私はもう、だしのない生活は考えられない。人は変わるものですね。(本文より)

著者紹介

梅津 有希子 (ウメツ ユキコ)  
だし愛好家、ライター。1976年、北海道生まれ。雑誌編集者を経て2005年に独立。雑誌やwebメディア、書籍を中心に、暮らしや食、ペット、発信力などのテーマで執筆を行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)