• 本

いのちの値段 病むからこそ、死があるからこそ、分かること、人と分かちあうことがある。 医療と費用を巡る50の物語

出版社名 講談社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-06-514037-6
4-06-514037-4
税込価格 1,404円
頁数・縦 253P 19cm

商品内容

要旨

「オプジーボ」から「新技術の行方」まで読売新聞に連載されて大反響!日本の力を最も有効に生かす医療費の使い方は何か。この国の哲学がまさに今、問われている。いのちの値段を前に、人は切ないが、あったかい。第7回日本医学ジャーナリスト協会賞優秀賞受賞!

目次

オプジーボ―高額新薬が生む効果とジレンマ
「適正」を探る―治療と値段に正解はあるか?
対話のカタチ―医師との上手な向きあい方
透析と人生―進歩する医療の光と影
人生の最終章―死の迎え方、延命と尊厳
ゆらぐ現役世代―患者として働き生きる
高齢者は今―千差万別な老後に備える
支える家族―試される絆と重すぎる責任
地域をつなぐ―人と人、仕組みが支える健康
精神疾患―整わないこころ、回復するこころ
新技術の行方―高度医療との付きあい方

おすすめコメント

読売新聞朝刊看板連載医療ルネサンスにおいて読者からの大反響によって一年半の長期特集となったシリーズ「いのちの値段」を書籍化。 現代社会が抱える医療の問題を見つめなおします。