• 本

傾聴のコツ

知的生きかた文庫 か63−1

出版社名 三笠書房
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-8379-8570-9
4-8379-8570-X
税込価格 734円
頁数・縦 212P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「なぜ、この人と話すと心がラクになるのか?」―人から求められる人の「傾聴する力」。相手の話から、情報(インフォメーション)ではなく、心の声(メッセージ)を受け取れるかどうか。それが、一番大事なポイントです。―著者。

目次

1章 傾聴とは、相手の話に「共感」すること(いま「話を聴ける人」が求められている
「聴く力」がある人は信頼される ほか)
2章 傾聴とは、相手の「物語」を受け入れること(相手を映し出す「鏡」になる
相手の心をどうほぐすか ほか)
3章 傾聴とは、「身近な人」を幸せにすること(いま、こんな「語り合う場」が必要
“傾聴効果”を高めるちょっとした演出 ほか)
4章 傾聴とは、他人との「境界線」をなくすこと(「聴ける人」になるための普段の心がけ
世の中のたくさんのことを知る ほか)
5章 傾聴とは、「自分」をもっとよく知ること(自分の「思考のクセ」を知ることの大切さ
不用意な一言を発してしまわないために ほか)

おすすめコメント

「なぜ、この人と話すと心がラクになるのか?」   ◎まずは相手の言うことを「全肯定」する ◎話の裏にある“核心”をどう見つけるか ◎「わかるよ」ではなく「伝わったよ」―― ◎「沈黙」を怖がらない ◎上司は、部下の話を「全身全霊」で聴くこと ◎夫は「理解」を、妻は「共感」を求めている 「傾聴の達人」が教える、人に求められる人、信頼される人になるためのコミュニケーションの極意

著者紹介

金田 諦應 (カネタ タイオウ)  
曹洞宗・通大寺住職。日本臨床宗教師会副会長。日本スピリチュアルケア学会スピリチュアルケア師(指導)。1956年、宮城県栗原市生まれ。駒澤大学仏教学部卒業。同大学院修士課程修了。東日本大震災後、移動式傾聴喫茶「カフェ・デ・モンク(Cafe de Monk)」をボランティアで運営。被災地に赴き、これまで計2万人以上の被災者の声に耳を傾けてきた傾聴の達人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)