• 本

ハッキング・ラボのつくりかた 仮想環境におけるハッカー体験学習

出版社名 翔泳社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-7981-5530-2
4-7981-5530-6
税込価格 4,180円
頁数・縦 823P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

本書では、物理的な環境にとらわれずハッキング実験ができる環境、すなわち「ハッキング・ラボ」を作り上げます。セキュリティについて理解するには、攻撃について学ぶのが近道です。攻撃実験は仮想環境で行うので、安心して実践的な学習ができます。

目次

第1部 ハッキング・ラボの構築(ハッキング・ラボでできること
仮想環境によるハッキング・ラボの構築
ホストOSの基本設定)
第2部 ハッキングを体験する(Windowsのハッキング
Metasploitableのハッキング
LANのハッキング
学習用アプリによるwebアプリのハッキング
ログオン認証のハッキング)
第3部 ハッキング・ラボの拡張(物理デバイスの追加
ネットワーク環境の拡張
ハッキング・ラボに役立つテクニック)
巻末付録

おすすめコメント

セキュリティを理解するためには、攻撃手法を学ぶのが近道です。PC環境の構築から攻撃ツールの使い方まで、丁寧に解説します。

著者紹介

IPUSIRON (IPUSIRON)  
1979年福島県生まれ。2001年に『ハッカーの教科書』(データハウス)を上梓。業務アプリなどの設計・開発、スマホアプリやWebアプリの検査・デバッグ、機械警備・防災設備の設置に従事。現在、情報セキュリティと物理的セキュリティを総合的な観点から調査しつつ、執筆を中心に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)