• 本

「超」入門空気の研究 日本人の思考と行動を支配する27の見えない圧力

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-478-10220-6
4-478-10220-1
税込価格 1,650円
頁数・縦 295P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

今も昔も変わらない日本人を縛る妖怪の正体を解明した山本七平氏の名著『「空気」の研究』を27のポイント、7つの視点からダイジェストで読む。「何かの力」に操られず、思考の自由を取り戻すには?

目次

はじめに 今も昔も日本人を支配するもの
第1章 日本を支配する妖怪の正体―日本人が逃れられない「見えない圧力」
第2章 なぜ日本人は集団だと狂暴になるのか?―日本的ムラ社会を動かす狂気の情況倫理
第3章 なぜ日本人は感染しやすいのか?―日本人を思考停止に追いやる3つの要因
第4章 私たちはこうして思考を乗っ取られる―空気の拘束を生む3つの基本構造
第5章 なぜ日本人は「常識」に縛られてしまうのか?―新たな拘束力となる水の思考法
第6章 「日本劇場」を操る「何かの力」―支配者にとって空気は世論をつくる最強の武器
第7章 どうすれば空気を破壊できるのか?―巨大な圧力に抵抗する4つの方法
おわりに―空気を超克する新たな時代の創造へ

おすすめコメント

佐藤優氏推薦!なぜ日本の組織は息苦しいのか?忖度、パワハラ、同調圧力、無責任主義……あらゆる集団に巣食う「日本病」の正体を暴いた名著をダイジェストで読む。会社、学校、家族、ネット、地域コミュニティ――今も昔も変わらず、日本人を縛る「何かの力」とは?

著者紹介

鈴木 博毅 (スズキ ヒロキ)  
ビジネス戦略コンサルタント。MPS Consulting代表。1972年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部、京都大学経営管理大学院(修士)卒業。大学卒業後、貿易商社にてカナダ・オーストラリアの資源輸入業務に従事。その後国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立。戦略論や企業史を分析し、負ける組織と勝てる組織の違いを追究しながら、失敗の構造から新たなイノベーションのヒントを探ることをライフワークとしている。わかりやすく解説する講演、研修は好評を博しており、顧問先にはオリコン顧客満足度ランキングで1位を獲得した企業や、特定業界での国内シェアNo.1企業など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)