• 本

HSC子育てあるあるうちの子はひといちばい敏感な子!

出版社名 1万年堂出版
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-86626-037-2
4-86626-037-8
税込価格 1,100円
頁数・縦 121P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

この本は、今、子どもの言動が理解できず、子育てに悩んでいる親御さんや先生に、他の子とはちょっぴり違う感性を持つHSCとは、どういう子どもなのか、ということと、敏感さは、その子だけが持つ宝物であることを、マンガで伝えたいと思って描きました(太田知子)。

目次

うちの子は、どのタイプ?(敏感で好奇心旺盛タイプ(ライオンタイプ)
敏感で安定志向タイプ(ウサギタイプ) ほか)
赤ちゃん期のあるある(勘が鋭い
よく泣く ほか)
幼児期のあるある(よく見ている
痛いの痛いの飛んでけ〜 ほか)
小学生期のあるある(初めての体験は大きな試練
周りが気になる ほか)

著者紹介

明橋 大二 (アケハシ ダイジ)  
心療内科医。真生会富山病院心療内科部長
太田 知子 (オオタ トモコ)  
昭和50年、東京都生まれ。2児の母。イラスト、マンガを仕事とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)