• 本

一神教と戦争

集英社新書 0960

出版社名 集英社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-08-721060-6
4-08-721060-X
税込価格 929円
頁数・縦 248P 18cm

商品内容

要旨

なぜキリスト教徒は戦争に強いのか?なぜキリスト教圏とそこから派生した世俗国家が覆権を制しているのか?そして、西欧とイスラームの衝突の思想的な原因はどこにあるのか?本書は、この大きな「なぜ?」に答えを提示している。西欧思想に通じた社会学者とイスラーム学者による、互いの立場に妥協せずに展開されるスリリングな対話から、紛争の時代を見通す智慧が見えてくる。一神教とその社会、そして戦争の関係を考察する文明論の決定版。

目次

第1章 戦争観の違い―イスラームvsキリスト教
第2章 ナショナリズムと戦争
第3章 キリスト教徒はなぜ戦争がうまいのか
第4章 ヨーロッパのシステムは普遍的なのか
第5章 核の脅威と国際社会
第6章 イスラームは国際社会と、どのように調和するのか
第7章 破滅的な核戦争を防ぐ智慧を持てるか

おすすめコメント

なぜキリスト教徒は戦争に強いのか? 西欧思想に通じた社会学者とイスラーム学者による、互いの立場に妥協せずに展開されるスリリングな対話から、紛争と衝突の時代を見通す智慧が見えてくる。

著者紹介

橋爪 大三郎 (ハシズメ ダイサブロウ)  
1948年生。社会学者。東京工業大学名誉教授
中田 考 (ナカタ コウ)  
1960年生。イスラーム学者。同志社大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)