• 本

頭のいい文章術 もう、わかりにくい文章で損しない!

だいわ文庫 27−5G

出版社名 大和書房
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-479-30735-8
4-479-30735-4
税込価格 748円
頁数・縦 253P 15cm

商品内容

要旨

何からどう書けばいいかわからない報告書もレポートも小論文も、秘伝のフォーマットを使えば伝わる文章がスラスラ書ける!文章がヘタな自覚はあるが、どこをどう直せばいいかわからない―そんな悩みを抱える人ほど劇的に評価が変わる、「頭のいい文章スタイル」が身につく本。

目次

第1章 「文型」で伝わる文章を書く
第2章 短くシンプルにまとめるには「二大心得」から
第3章 誤解されない文章に変わる「ベーシック文型」
第4章 説得・主張が得意になる「黄金文型」
第5章 ポイントを強調できる「メリハリ文型」
第6章 共感させ、心を動かす「リアリティ文型」
第7章 長めの文章もサッと処理できる「構成の型」
第8章 嫌われずに本音をズバリ!「状況別一行フレーズ」
第9章 永久保存版 困ったときに役立つQ&A集

出版社・メーカーコメント

報告書もレポートも小論文も、秘伝の「文型」を使えば短く、わかりやすく、迷わず書ける! 自己アピール力を最大化する文章読本

著者紹介

樋口 裕一 (ヒグチ ユウイチ)  
1951年、大分県に生まれる。早稲田大学第一文学部卒業後、立教大学大学院博士課程満期退学。仏文学、アフリカ文学の翻訳家として活動するかたわら、小学生から社会人までを対象にした小論文指導に携わり、独自の指導法を確立。通信添削による作文、小論文専門塾「白藍塾」塾長。多摩大学名誉教授。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)