• 本

健康・栄養データを読む力は「生活・仕事力」をアップさせる 情報化社会を生きる最強の技

出版社名 光生館
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-332-31007-5
4-332-31007-1
税込価格 2,592円
頁数・縦 191,5P 21cm

商品内容

目次

第1部 統計学の基本を知る(統計学の基本用語を知る
「比率」の意味と算出法を知る
「平均値」と「分布」の特徴と意味を知る
「母集団」と「標本」の関係を知る
関係性(関連・相関、回帰、因果関係)を知る
統計的検定と意味ある判断(有意性)を知る)
第2部 健康・栄養データ「50の事例」を読む(健康指標の算出法を知り意味を読む
健康指標の「比率(分子・分母)」の意味を読む
健康指標の「関係性(2要因の関係)」の意味を読む
健康指標の「経年変化(性・年齢・年代別変化)」の意味を読む
「成果評価」指標の意味を読む
栄養指標の「実数・比率」の意味を読む
栄養指標の「関係性(2要因の関係)」の意味を読む
栄養指標の「経年変化(地域・年代別変化)」の意味を読む
「危険因子(悪い生活習慣)」の意味を読む
「公絡要因(2要因への影響要因)」の意味を読む「対象特性(年齢属性)」の意味を読む「社会文化的特性」の意味を読む)

著者紹介

宮城 重二 (ミヤギ シゲジ)  
保健学博士。1973年琉球大学保健学部(現医学部)保健学科卒業。1975年東京大学大学院医学系研究科修士課程(保健学専攻)修了。1978年同上博士課程(保健学専攻)修了。琉球大学保健学部助手。1991年女子栄養大学栄養学部助教授。1997年同上教授。2012〜13年女子栄養大学大学院栄養学研究科科長。2015〜18年女子栄養大学図書館館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)