• 本

歴史作家の城めぐり 戦国の覇権を競った武将たちの夢のあと

出版社名 プレジデント社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-8334-2308-3
4-8334-2308-1
税込価格 1,540円
頁数・縦 398P 18cm

商品内容

要旨

背景を知るとまた行きたくなる!第一級の歴史作家が読み解く関東甲信の隠れた名城35のガイド。

目次

序章 城の基本知識
第1章 東京都
第2章 神奈川県
第3章 埼玉県
第4章 千葉県
第5章 群馬県
第6章 栃木県
第7章 茨城県
第8章 山梨県
第9章 長野県
第10章 静岡県

おすすめコメント

関東甲信・静岡の10都県の35の城にまつわる壮大な攻防のストーリー 単なる名城ガイドや探訪記ではなく、作家である伊東氏による各城にまつわる壮大な物語が本書の特徴。

著者紹介

伊東 潤 (イトウ ジュン)  
1960年神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学卒業。外資系企業に長らく勤務後、文筆業に転じ、歴史小説や歴史に題材を取った作品を発表している。『黒南風の海―加藤清正「文禄・慶長の役」異聞』(PHP研究所)で「第1回本屋が選ぶ時代小説大賞」を、『国を蹴った男』(講談社)で「第34回吉川英治文学新人賞」を、『巨鯨の海』(光文社)で「第4回山田風太郎賞」と「第1回高校生直木賞」を、『峠越え』(講談社)で「第20回中山義秀文学賞」を、『義烈千秋 天狗党西へ』(新潮社)で「第2回歴史時代作家クラブ賞(作品賞)」を受賞
西股 総生 (ニシマタ フサオ)  
1961年北海道生まれ。学習院大学大学院博士課程前期課程卒業。現在、城郭・戦国史研究家として活躍中。著書多数。2016年NHK大河ドラマ『真田丸』では戦国軍事考証を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)