• 本

精選折口信夫 3

短歌史論・迢空短歌編

出版社名 慶應義塾大学出版会
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-7664-2550-5
4-7664-2550-2
税込価格 3,024円
頁数・縦 301P 20cm
シリーズ名 精選折口信夫

商品内容

要旨

折口信夫の最後の弟子が後世に残す、折口信夫のエッセンス。いのちの言葉のしらべを追究した短歌の本質論と、迢空短歌にみる心の秘奥。

目次

短歌本質成立の時代―万葉集以後の歌風の見わたし
女房文学から隠者文学―後期王朝文学史
歌の円寂する時
新古今前後(抄)
評価の反省
『世々の歌びと』追ひ書きにかへて―明治の新派和歌
女流の歌を閉塞したもの
迢空短歌編

おすすめコメント

第III巻では、律文学の流れを論じた作品と、迢空短歌の抄録を併載。折口が生涯をかけて追及した短歌の本質と、その完成が描かれた古典短歌史を中心に、「折口作品のエッセンス」を抽出・編纂した。

著者紹介

折口 信夫 (オリクチ シノブ)  
1887年‐1953年。歌人・詩人、国文学・民俗学・芸能史・宗教学者。筆名・釈迢空。大阪府木津村生れ。國學院大學卒業。國學院大學教授、および慶應義塾大学教授。1953年9月3日逝去(66歳)。能登の墓所に養嗣子春洋とともに眠る
岡野 弘彦 (オカノ ヒロヒコ)  
1924年、三重県生れ。歌人。日本芸術院会員、文化功労者、國學院大學名誉教授。國學院大學国文科卒業。昭和22年から28年9月の逝去まで、折口信夫と生活を共にして世話をする。『折口信夫全集』『折口信夫全集ノート編』の編集に参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)