• 本

推移的存在論

出版社名 水声社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-8010-0384-2
4-8010-0384-2
税込価格 3,240円
頁数・縦 251P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

主著『存在と出来事』のエッセンスから出発して、集合論と圏論を携えてプラトンからカントまでを一挙に横断し、数学=存在論を宣言したバディウ哲学の転回点!

目次

プロローグ 神は死んだ
今日の存在の問題
数学とは思考である
超限―存在としての出来事
ドゥルーズの生気論的存在論
スピノザの閉じた存在論
プラトン主義と数学的存在論
アリストテレス的方向づけと論理学
論理学、哲学、「言語論的転回」
トポス概念についての初等的注解
論理学についての初等的な暫定的テーゼ
数の存在
カントの減算的存在論
群、カテゴリー、主体
存在と現れ

著者紹介

バディウ,アラン (バディウ,アラン)   Badiou,Alain
1937年、モロッコのラバトに生まれる。哲学者、作家
近藤 和敬 (コンドウ カズノリ)  
1979年、兵庫県に生まれ、福井県で育つ。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、鹿児島大学法文学部准教授。専攻、哲学・哲学史
松井 久 (マツイ ヒサシ)  
1972年、大阪府に生まれる。パリ・ナンテール大学博士課程修了(哲学)。現在、法政大学兼任講師。専攻、生命科学の哲学、生命科学史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)