• 本

忘れるが勝ち! 前向きに生きるためのヒント

出版社名 春陽堂書店
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-394-90345-1
4-394-90345-9
税込価格 1,512円
頁数・縦 167P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

忘れる頭はいい頭である。詰め込んだ知識や人生の苦悩―頭の中のよけいなゴミをだして人生を有意義に生きる知恵が満載。書下ろし。

目次

第1章 忘却のすすめ(むかし、むかし、あるところ
“忘れたころ…”によみがえる ほか)
第2章 思い出はつくられる(忘れることから生まれる情緒
思い出が美しい ほか)
第3章 忘れるための実践法(忘れるのも才能のひとつである
大事は小事を消去する? ほか)
第4章 つよい記憶、よわい記憶(歴史は風化から生まれる
記憶のよい人、わるい人 ほか)
第5章 忘れてこそ豊かな人生(レム睡眠の自動的効果
回想の中の母からの啓示 ほか)

おすすめコメント

人間が生まれ持った「忘れる」という能力が、いかに素晴らしいかを94年の?い人生を振り返りながら説く。?ベストセラー『思考の整理学』(ちくま文庫)以来、著者が一貫して読者に提示してきた考え方のコツを交えながら「忘却」の効用を披露。前向きに生きてくための知恵が満載の一冊。

著者紹介

外山 滋比古 (トヤマ シゲヒコ)  
1923年、愛知県生まれ。英文学者、文学博士。評論家、エッセイスト。東京文理科大学英文学科卒業。1951年より、雑誌『英語青年』編集長となる。その後、東京教育大学助教授、お茶の水女子大学教授。昭和女子大学教授などを歴任。現在は、お茶の水女子大学名誉教授。専門の英文学にとどまらず、思考、日本語論の分野で活躍を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)