• 本

縮減社会の合意形成 人口減少時代の空間制御と自治

出版社名 第一法規
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-474-06558-1
4-474-06558-1
税込価格 3,080円
頁数・縦 239P 21cm

商品内容

要旨

シュリンクする時代の合意形成とは何か。原理と事象を問い直す領域横断プロジェクト。

目次

合意形成という問題
第1部 合意形成の原理論(合意形成とは何か?
合意形成における理由の検討
人口減少・経済縮小時代の合意形成―差異への着目)
第2部 法の作用と合意形成(法の生理による「積極的合意の非形成」と行政介入―「見棄てられた建築物」の社会的管理
ドイツ地域社会の合意形成文化
合意形成と裁判
公益間調整訴訟の可能性―原告適格論の改鋳を通じて)
第3部 政策決定と合意形成(空間制御における合意形成―地区内の合意、市町村と地区の合意
大規模集客施設等の立地や都市計画の決定/変更に関する広域調整に見る合意形成の課題
都道府県の政策決定と合意形成―政策事例に基づく実証分析の試み
国・自治体間の合意形成の構造)
空間制御の合意形成理論序説

著者紹介

金井 利之 (カナイ トシユキ)  
東京大学大学院法学政治学研究科教授。専門分野は自治体行政学、行政学、オランダ行政研究。群馬県桐生市生まれ。東京大学法学部卒・同助手、東京都立大学法学部助教授、オランダ国立ライデン大学社会科学部行政学科客員研究員を経て、2006年から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)