• 本

日常の「言葉の使い方」研究 『思考と行動における言語』等からの換骨奪胎

出版社名 幻冬舎メディアコンサルティング
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-344-91904-4
4-344-91904-1
税込価格 1,210円
頁数・縦 188P 19cm

商品内容

要旨

S・I・ハヤカワ氏が一般意味論の方法を用いて著した『思考と行動における言語』等を読み解きながら、日常のコミュニケーションにおける適切な言葉の使い方を掘り下げる。事象を言葉を用いて表現する「抽象化」について考察する。著者が少年時代を過ごした兵庫県安木を訪れたことを綴った「ふるさと帰行」も収載。抽象と具体の考察をライフワークとする著者によるコミュニケーション言語研究。

目次

第1部 言語の機能(言語と生存
記号
報告、推論、断定
文脈
言語の二重の仕事 ほか)
第2部 言語と思考(われわれはどうやって知るか
居なかった小人
記号の背景にある社会
分類
二値的考え方 ほか)
ふるさと帰行

著者紹介

安田 健介 (ヤスダ ケンスケ)  
1938(昭和13)年生まれ。1964年、京都大学法学部卒業。出版社勤務を経て、1972年から2013(平成25)年まで弁護士。京都法曹文芸「奔馬」第1号から第33号まで編集長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)