• 本

日本を覆うドリーマーたちの「自己陶酔」

WAC BUNKO B−288

出版社名 ワック
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-89831-788-4
4-89831-788-X
税込価格 1,012円
頁数・縦 253P 18cm

商品内容

要旨

夢見る「平和ボケ」と「情報弱者」を煽るマスコミを一喝する。

目次

第1章 「闘争心」を失ったジャーナリズムに「明日」はない
第2章 煽るだけの朝日新聞は、もはや「犬のおしっこマット」
第3章 オウム事件の教訓を忘れた日本に“五輪テロ”の恐怖
第4章 憲法改正で日本の独立と安全はどうなるのか
第5章 “理系人間”は日本を救うのか
第6章 官僚主導国家からの脱却なくして「日本再生」なし
第7章 マスコミが不要になった「首脳がツイッター」という時代

著者紹介

門田 隆将 (カドタ リュウショウ)  
1958年高知県安芸市生まれ。中央大学法学部卒業後、出版社(新潮社)勤務を経てノンフィクション作家に。政治、歴史、司法、事件、スポーツなど幅広いジャンルで執筆。2010年、『この命、義に捧ぐ―台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫)で第19回山本七平賞を受賞。著書多数
〓橋 洋一 (タカハシ ヨウイチ)  
1955年東京都生まれ。株式会社政策工房会長、嘉悦大学教授。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。1980年大蔵省(現・財務省)入省。大蔵省理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、内閣参事官(首相官邸)などを歴任。小泉内閣・第一次安倍内閣ではブレーンとして活躍。2008年に『さらば財務省!』(講談社)で第17回山本七平賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)