• 本

脳科学捜査官真田夏希 〔3〕

イミテーション・ホワイト

角川文庫 な66−3

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-04-107780-1
4-04-107780-X
税込価格 660円
頁数・縦 286P 15cm
シリーズ名 脳科学捜査官真田夏希

商品内容

要旨

公休日の早朝に特別捜査本部に招集された神奈川県警心理職特別捜査官の真田夏希は、殺人事件の発生した横浜へ向かった。事件は、IT企業の社員が絞殺された後、時限発火装置により現場から花火が打ち上げられるという異様なものだった。さらに犯行声明と思われる投稿がSNSから発見され、夏希の手腕が買われたのだ。SNS上で被疑者と接触を試みる夏希。だが、被害者の経歴が明らかになるに至り、捜査は思わぬ方向に―。書き下ろし警察小説!!

おすすめコメント

警察小説に颯爽と現れた新ヒロイン、真田夏希が偽りの正義と闘う! 横浜市内で発生した二つの殺人は、まったく無関係なものかと思われた。だが、被害者の過去を辿る心理職特別捜査官の真田夏希は、二人の意外な共通点を発見するが……。大人気警察小説、待望の最新刊。

著者紹介

鳴神 響一 (ナルカミ キョウイチ)  
1962年東京都生まれ。中央大学法学部卒業。2014年に『私が愛したサムライの娘』で第6回角川春樹小説賞を受賞しデビューする。同作で2015年に第3回野村胡堂文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)