• 本

花冷えて 闇医者おゑん秘録帖

中公文庫 あ83−2

出版社名 中央公論新社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-12-206668-7
4-12-206668-9
税込価格 756円
頁数・縦 357P 16cm

商品内容

要旨

竹は女の樹だ。細く、風に容易くしなってしまう。けれど、容易く折れはしない―。江戸の片隅の竹林を背負った家で、「闇医者」として子堕ろしを行うおゑん。彼女は、ひたむきに信じた愛や、幼き日より育んだ友情を失い、怒り、惑う女たちに助けの手を差しのべる。いきさつのある女たちの再生を描く、人気シリーズ第二弾。

おすすめコメント

竹は女の樹だ。細く、風に容易くしなってしまう。けれど、容易く折れはしない――。江戸の片隅の竹林を背負った家で、「闇医者」として子堕ろしを行うおゑん。彼女は、ひたむきに信じた愛や、幼き日より育んだ友情を失い、怒り、惑う女たちに助けの手を差しのべる。異国から流れ着き薬草に精通する末音と、情を交わした男に殺されかけた過去を持つ見習いのお春とともに。いきさつのある女たちの再生を描く、人気シリーズ第二弾。〈解説〉末國善己

著者紹介

あさの あつこ (アサノ アツコ)  
1954年岡山県生まれ。青山学院大学文学部卒業。小学校講師を経て、91年に作家デビュー。『バッテリー』で野間児童文芸賞、『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞、『バッテリー1〜6』で小学館児童出版文化賞を受賞。2011年、『たまゆら』で島清恋愛文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)