• 本

一切なりゆき 樹木希林のことば

文春新書 1194

出版社名 文藝春秋
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-16-661194-2
4-16-661194-1
税込価格 864円
頁数・縦 215P 18cm

商品内容

要旨

「求めすぎない。欲なんてきりなくあるんですから」心に沁みる希林流生き方のエッセンス!

目次

第1章 生きること
第2章 家族のこと
第3章 病いのこと、カラダのこと
第4章 仕事のこと
第5章 女のこと、男のこと
第6章 出演作品のこと

おすすめコメント

今年、惜しくも世を去った名女優が語り尽くした生と死、演技、男と女。それはユーモアと洞察に満ちた樹木流生き方のエッセンスです。

著者紹介

樹木 希林 (キキ キリン)  
1943年東京都生まれ。女優活動当初の名義は悠木千帆、後に樹木希林と改名。文学座附属演劇研究所に入所後、テレビドラマ『七人の孫』で森繁久彌に才能を見出される。61歳で乳がんにかかり、70歳の時に全身がんであることを公表した。夫はロックミュージシャンの内田裕也、長女にエッセイストの内田也哉子、娘婿に俳優の本木雅弘がいる。2018年9月15日に逝去、享年75(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)