• 本

ニセモノの妻

新潮文庫 み−63−1

出版社名 新潮社
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-10-100371-9
4-10-100371-8
税込価格 594円
頁数・縦 325P 16cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

「もしかして、私、ニセモノなんじゃない?」妻と思ってきた女の衝撃的な一言で始まったホンモノの妻捜し。けれど僕はいったい誰を愛してきたのだろう(「ニセモノの妻」)。ある日、仲睦まじい夫婦の妻だけが時間のひずみに囚われてしまった。共に明日を迎えられない彼女のために夫がとった行動は―(「断層」)。その他、非日常に巻き込まれた4組の夫婦の、不思議で時に切なく温かな短編集。

著者紹介

三崎 亜記 (ミサキ アキ)  
1970(昭和45)年、福岡県生れ。熊本大学文学部史学科卒業。2004(平成16)年、『となり町戦争』で小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。同作は三島賞候補、直木賞候補となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)