• 本

十字軍物語 第1巻

神がそれを望んでおられる

新潮文庫 し−12−98

出版社名 新潮社
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-10-118144-8
4-10-118144-6
税込価格 781円
頁数・縦 462P 16cm
シリーズ名 十字軍物語

商品内容

要旨

ローマ帝国が滅亡し、「暗黒」と呼ぶ者さえいる中世―。カトリック教会は、イエスが受難した聖地であるにもかかわらず、長くイスラム教徒の支配下にあるイェルサレムを奪還すべく、「十字軍」結成を提唱する。これに呼応した七人の諸侯たちは、それぞれの思惑を抱え、時に激しく対立しながら異国の地を進むのだが…。中世最大の事件、現代まで残響とどろく真相に迫る、歴史大作の開幕。

目次

第1章 「神がそれを望んでおられる」
第2章 まずはコンスタンティノーブルへ
第3章 アンティオキアへの長き道のり
第4章 アンティオキアの攻防
第5章 イェルサレムへの道
第6章 聖都イェルサレム
第7章 十字軍国家の成立

著者紹介

塩野 七生 (シオノ ナナミ)  
1937年7月7日、東京生れ。学習院大学文学部哲学科卒業後、イタリアに遊学。’68年に執筆活動を開始し、「ルネサンスの女たち」を「中央公論」誌に発表。初めての書下ろし長編『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』により1970年度毎日出版文化賞を受賞。この年からイタリアに住む。’82年、『海の都の物語』によりサントリー学芸賞。’83年、菊池寛賞。’93年、『ローマ人の物語1』により新潮学芸賞。’99年、司馬遼太郎賞。2002年、イタリア政府より国家功労勲章を授与される。’07年、文化功労者に選ばれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)