• 本

奈緒と磐音 居眠り磐音

文春文庫 さ63−70

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-16-791203-1
4-16-791203-1
税込価格 788円
頁数・縦 325P 16cm

商品内容

要旨

全51巻で完結した平成最大の人気シリーズが復活!豊後関前藩中老職の嫡男・磐音の朋輩に妹の奈緒が生まれたその日(「赤子の指」)。四歳の奈緒が磐音の嫁になると口にした日の出来事(「梅雨の花菖蒲」)など、本編では描かれなかった、ふたりの幼き日々からやがて迎える悲劇の直前までの五つの物語を収録。万感胸に迫る一冊。

おすすめコメント

全51巻で完結した平成最大の人気シリーズが復活! 夫婦約束したふたりの幼き日々から悲劇の直前までを描き、万感胸に迫る一冊。

著者紹介

佐伯 泰英 (サエキ ヤスヒデ)  
1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』をはじめ、滞在経験を活かしてスペインをテーマにした作品を発表。99年、時代小説に転向。「密命」シリーズを皮切りに次々と作品を発表して高い評価を受け、“文庫書き下ろし時代小説”という新たなジャンルを確立する。著書多数。2018年、菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)