• 本

剣豪夜話

文春文庫 つ4−72

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-16-791211-6
4-16-791211-2
税込価格 770円
頁数・縦 265P 16cm

商品内容

要旨

歴史に名を刻んだ名剣士と、現代に生きる各流派の伝説的な武人。その壮絶な技量と圧倒的な人生を通して、日本人の武を考え抜いた作品です。著者の津本陽氏は、自ら剣道三段、抜刀道五段の腕前であり、武芸への造詣も大変深い作家でした。本書には、津本氏本人の剣術修行の様子も描かれ、「体験的武道入門」といえる内容です。

目次

第1話 近藤勇と比肩した男
第2話 永倉新八の竜尾の剣
第3話 明治政府の剣豪
第4話 江戸幕府最後の侍と明治維新
第5話 薩摩隼人と示現流
第6話 龍馬暗殺現場の試斬
第7話 見事な死にざま
第8話 柳生新陰流の極意
第9話 大東流・佐川先生の俤
最終話 夜半の素振り

おすすめコメント

歴史に名を刻んだ剣豪、現代に生きる伝説的な武人。その壮絶な技と人生を通じて、日本人の武とは何かを考える、著者最後となる1冊。

著者紹介

津本 陽 (ツモト ヨウ)  
昭和4(1929)年、和歌山市に生れる。東北大学法学部卒業。昭和53年『深重の海』により第79回直木賞受賞。主な著書には『闇の蛟竜』『宮本武蔵』『柳生兵庫助』『独眼龍政宗』『下天は夢か』『乾坤の夢』『獅子の系譜』などがある。平成7年『夢のまた夢』で第29回吉川英治文学賞を受賞。平成15年旭日小綬章を受章。平成17年第53回菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)