• 本

女子漂流

文春文庫 み36−5

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-16-791212-3
4-16-791212-0
税込価格 680円
頁数・縦 205P 16cm

商品内容

要旨

人生という大海原に漕ぎ出してみたものの、たどり着くべき岸からは遠ざかるばかり。いつしか己が漂流していることに気付いた女子二名。女子校、恋愛、エロ、結婚、仕事、買い物依存症、隠遁願望。正反対の漂い方をしてきた二人による、時に笑えて時に赤裸々すぎるトークの行き着く先は!?自分らしい生き方が見えてくる一冊。

目次

第1章 女子校の女子(誤った選択
「のりお」と呼ばれて ほか)
第2章 女子の恋愛(「産めよ、増やせよ、地に満ちよ」
カルチャーショック ほか)
第3章 女子のエロ(「精液の色は?」
おしべとめしべ ほか)
第4章 女子の日常(おじいさんの部屋
片づけられない女 ほか)
第5章 女子の王道(ブスの壁
女が作ったカツアゲシステム―専業主婦 ほか)

おすすめコメント

女の業を体現し続ける作家中村うさぎと、女戦線からの離脱を切に願う作家三浦しをんが、女子の大海原における漂流人生を語り合う。