• 本

日本史の探偵手帳

文春文庫 い87−5

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-16-791216-1
4-16-791216-3
税込価格 680円
頁数・縦 272P 16cm

商品内容

要旨

いまの日本と日本人の問題を歴史的につきつめていくと「江戸時代のこと」を考えざるをえなくなる。戦国時代の最強教育、殿様のベストセラー本、乃木希典の理想の軍人像…当代随一の歴史学者が、好奇心の赴くままに古文書を徹底調査。膨大な近世の古文書から、新時代を生き抜く知恵と人生において本当に大切なことを伝える。

目次

第1章 中世の武士と近世の武士の違い(江戸から読み解く日本の構造
江戸の税金 武士は税金を払っていたのか ほか)
第2章 歴史を動かす英才教育(幸村の天才軍略遺伝子 武田+上杉+秀吉の智謀を引き継いだ男
くノ一は江戸時代のハニートラッパーだった ほか)
第3章 古文書を旅する(「震災離婚」事始め
江戸の「会いに行けるアイドル」 ほか)
第4章 歴史を読む(武士道の奥義を極める10冊
語り下ろし日本史「必読の百冊」)

おすすめコメント

歴史を動かす日本人、国を滅ぼす日本人とは? 戦国武将から戦前エリートができるまで、古文書から武士と官僚の歴史をまるごと解説。

著者紹介

磯田 道史 (イソダ ミチフミ)  
1970年、岡山県生まれ。2002年、慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(史学)。現在、国際日本文化研究センター准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)