• 本

ハウルの動く城

文春ジブリ文庫 G−2−13 シネマ・コミック 13

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-16-812112-8
4-16-812112-7
税込価格 1,760円
頁数・縦 567P 16cm

商品内容

要旨

魔女の呪いで老婆にされた少女ソフィーは、魔法使いのハウルたちと、動く城で共同生活を送ることになる。やがて隣国との戦争が始まり、ハウルのかつての師匠であったサリマンがハウルに国への協力を求めてくるが…。ダイアナ・ウィン・ジョーンズの小説を原作にした、恋と魔法の物語。アニメの全シーン・全セリフを収録。

おすすめコメント

魔女の呪いで老婆にされた少女ソフィーは、魔法使いのハウルたちと共同生活を始める。宮崎監督のアニメの全シーン・全セリフを収録。

著者紹介

宮崎 駿 (ミヤザキ ハヤオ)  
1941年生まれ。学習院大学政治経済学部卒業後の1963年、東映動画入社。その後数社を経て、『ルパン三世 カリオストロの城』(’79)で劇場作品を初監督。85年の設立に参加したスタジオジブリで監督となり、2013年『風立ちぬ』の公開後に引退を発表したが、17年5月、再び長編アニメ映画を製作することを明らかにし、現在、『君たちはどう生きるか』を製作中。『千と千尋の神隠し』では第52回ベルリン国際映画祭金熊賞、第75回アカデミー賞長編アニメーション映画部門賞などを、『ハウルの動く城』では、第61回ベネチア国際映画祭でオゼッラ賞を、続く第62回同映画祭では、栄誉金獅子賞を受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)